スポンサーリンク : 

 ■ ジェルネイルの落とし方とその動画のご紹介  (ジェルネイルデザインのやり方)

ジェルの落とし方には、主に2つの方法があります。
  1. アセトンをカット綿に浸し、爪の上にのせ、アルミホイルでくるんで落とす方法
  2. アセトンの原液をフィンガーボール、フィンガースパ、フィンガーディッパーなどに注ぎ、そこに指を浸して、落とす方法
ジェルの種類、ジェルの落ちやすい人、落ちにくい人などの個人差がありますので、1から試して、あなたにあった方法を見つけましょう。

●アルミホイルに包んでジェルを落とす方法
1.爪のした処理
必要ない長い爪はカットし、取れる素材は、取り除き、ジェルをファイルやネイルフィニッシャーで削ったり、ジェルにファイルで傷を入れて、アセトンが侵入しやすい状態にしておきます。 (下処理をしておくと、アセトンに漬ける時間が短縮できます)



●ファイル


●ネイルフィニッシャー

2.爪より一回り大きいカット綿にアセトンを浸します。

3.アセトンを浸したカット綿を爪の上に置きます。



●アセトン
  
4.アルミホイルに爪を包み、5分〜10分待ちます。
アルミホイルは、お弁当用に使うカップ状のものを使うとしっかりと包んでくれますので、使いやすいようです。



●アルミホイル、アルミカップ
 
5.ジェルネイルを外します。
アルミホイル、コットンを外した爪をオレンジウッドスティクなどでジェルをつつき、ジェルをはずします。 1度で取れなかった場合は、もう一度アセトンを含んだカット綿をつけてやり直します。 無理に取らずに、何度が繰り返しましょう。



●オレンジウッドスティック
木でできた割り箸程度の長さのスティックです。100円ショップでも4〜5本で100円で手に入ります。
6.どうしてもジェルが残ってしまった場合は、ファイルで削ってきれいに取り除きましょう。



●ファイル



●アセトンの原液に指を漬けてジェルを落とす方法
1.爪のした処理
必要ない長い爪はカットし、取れる素材は、取り除き、ジェルをファイルで削ったり、ジェルにファイルやネイルフィニッシャーで傷を入れて、アセトンが侵入しやすい状態にしておきます。 (下処理をしておくと、アセトンに漬ける時間が短縮できます)



●ファイル


●ネイルフィニッシャー

2.フィンガーボールフィンガースパフィンガーディッパーなどにアセトンを注ぎます。
●フィンガーボール



●フィンガースパ



●フィンガーディッパー



●アセトン
  



3.爪をアセトン液に漬けます。
爪をアセトン液に漬けながらしばらく待ちます



4.オレンジウッドスティクなどで、ジェルを剥がす。
ジェルが爪から浮いてきたら、ウッドスティックなどを使って、ジェルと爪の間ををつつきながら爪から外していきます。



●オレンジウッドスティック
木でできた割り箸程度の長さのスティックです。100円ショップでも4〜5本で100円で手に入ります。
5.どうしてもジェルが残ってしまった場合は、ファイルで削ってきれいに取り除きましょう。



●ファイル



●無料動画配信の 『You Tube』でバイオスカルプチャージェルを使ったジェルのオフからジェルのオンがご覧いただけます。
ソークオフジェルネイルのオフの動画でよいものがありますので、ご紹介します。


オンは誰でも簡単なのですが、オフは慣れるまでは上手くできるか心配なものですよね。
特にネイルサロンを経験したことのない人にとっては、かなりの未知の世界です。


必見はこちら。
かなりゆっくり説明してくれます。 画像も大きいです。

http://jp.youtube.com/watch?v=ENUHCsBuDRU&NR=1

<動画 3分40秒>



アセトンに浸している時間が15分+10分-----というのは、少しかかりすぎな気がするのですが、ジェルの種類によってオフにかかる時間が違うようですので、このくらいの時間を覚悟していれば、誰でも上手くオフすることが出来ると思います。


     




Copyright(C)2008 『50歳からのジェルネイル入門』